介護士と法律の関係

介護士と法律には密接な関係性があります

派遣の介護士の労働時間にまつわる法律

派遣の介護士の労働時間にまつわる法律 派遣の介護士として就労する際には派遣労働に関する法律が適用されます。
労働時間に関しては一般的な労働者と同様長時間労働は禁止されていますし、休憩の取得も義務となります。
いくら忙しいからといって休むことなく1日中働くというような状態は労働者の健康維持の観点から推奨されません。
そういった業務を強要された場合にはきちんと派遣元に相談し、是正をしてもらう必要があります。
また、深夜労働に対しては割増賃金の支給が義務となります。
夜間というふつうは働かない状況での業務となりますので、安全衛生、健康管理のための施策をきちんと施してもらうことが必要となります。
こちらについても配慮がないと感じたのであれば、派遣元に相談し、是正を依頼することが重要です。
介護士というとつらい仕事だという印象が強いと思いますが、あくまでも法律の枠の中での業務が原則ですので、正しい知識をもったうえで就労することが重要だといえるでしょう。

介護士の労働条件の確保等については法律で定められています。

介護士の労働条件の確保等については法律で定められています。 全て働く人のためには、労働条件を書面で明示することやそれぞれの規定の取り扱いについて法律で定められています。
介護士の場合は、その業務内容から特に労働時間の適正な把握が問題となります。
時間外や休日に就業する場合は労使協定(36協定)を締結し、業務区分を明確にして、簡単に従事対象を拡大し働かせることがないようにします。
時間外勤務は1ヶ月45時間、1年間360時間の時間外の限度があります。
勤務者には原則として週に1回の休日が与えられ、夜勤者の休日は暦日で与えられます。
勤務時間は業務に拘束されている時間の全てが対象で、介護サービスに直接従事した時間だけでなく、例えば報告書の作成、交替制勤務の引き継ぎ時間、研修時間、訪問介護の場合には移動時間も勤務時間に含めて計算します。
賃金はこれらの業務に対して支払われるもので、時間外・深夜割増賃金を支払います。
また、非正規の人も含め、6カ月継続勤務し、8割異常出勤した人には年次有給休暇を与えなければなりません。
人材不足が問題となっている介護士の確保のためにもこれらの法律で決められた最低条件を遵守することが大切です。

新着情報

◎2019/12/12

介護士の資格と権限の違い
の情報を更新しました。

◎2019/8/22

パートとしてもおすすめ
の情報を更新しました。

◎2019/4/1

働ける場所が豊富
の情報を更新しました。

◎2019/1/23

派遣介護士の責任に関する法律
の情報を更新しました。

◎2018/10/19

派遣介護士の残業に関する法律
の情報を更新しました。

◎2018/9/28

サイト公開しました

「介護 法律」
に関連するツイート
Twitter

やはりアップデートが辛いのだ・・・ 例えば保健師になったらば 毎年のように更新されるだろう 法律にずーと目を光らせねばならないだろう こういうのがつらい・・・ 介護だと「いい加減資格取れ」という プレッシャーもあるだろうな・・・

Twitterオロヤ@とっつぁん坊や@laxiareolata

返信 リツイート 18:08

【2】2000年尊厳を保持しその能力に応じ自立した日常生活を営めるよう、必要なサービスに係る給付を行うために定められた法律は? kamono843.wixsite.com/kaigostudy/bla… #介護 #介護福祉士 #認知症 #資格

Twitter介護福祉士学隊@study_kaigo

返信 リツイート 16:04

利用者が介護士殴っても泣き寝入りになるそうだから介護施設には法律が存在しないのかと思っていたが、そうではないみたいだな...

Twitterとある医学部生@18med_

返信 リツイート 12:31

成年後見制度って介護福祉士か社会福祉士が適任のようにも思えるけど、大部分を担ってるのは法律家なんだよね… 本当に業務の幅が広いな…

Twitterりょうと@AZ🇩🇪⭐⭐🤪@Anwalt_4283e31

返信 リツイート 10:33

#毎日読む目的条文3巡目】 19「育児休業、介護休業等育児又は家族介護を行う労働者の福祉に関する法律」★★★ 第1条 育児休業及び介護休業に関する制度並びに子の看護休暇及び介護休暇に関する制度を設けるとともに、子の養育及び家族の介護を容易にするため所定労働時間等に関し事業主が講ずべき pic.twitter.com/tVFc8iDy3b

返信先:@yayotan31他1人 両極端になりますが、私的にも遠くない未来に身内及び自分が介護をする立場orされる立場に変わる事を考えると、何とも言えないです。 できれば、扶助義務や遺棄罪という法律を無くすべきではない とは思いたくないですよ?

Twitterゲッコちゃん2号🐸@keityunndaisuki

返信 リツイート 昨日 19:22

返信先:@keityunndaisuki他1人 家族や親族が、公的福祉では足りない部分を補うことで、要介護者の命・人権を守るべきであり、その為にも、扶助義務や遺棄罪という法律を無くすべきではない」と思いますか? (もちろん私自身も事故や病気や加齢により、要介護者になる可能性は承知の上で書いてます。)

返信先:@keityunndaisuki他1人 扶養や扶助義務、保護責任者遺棄罪などの法律がなくなり、要介護者の世話をしたくない家族は、一切 世話をせずに要介護者を見捨て、 その結果として要介護者が死んだり、誰かに危害を加える事件や事故を起こしても、家族は刑事責任を問われて犯罪者になってしまったり、→

返信先:@syuranokuni_ns 介護福祉士は、国会の法律が整備、統一されるならば…いつでもNs.に取って替わることが可能です‼️🐯

返信先:@28_momechabo どう見ても今は、法律作ってでも長距離移動を制限すべき時だ 旅客移動や観光に携わる人たちには、保健所や医療・介護現場の「アシスタント」として迎えるべきだ マンパワー不足を補わなくて、コロナ禍は乗り切れない…

Twitterたのしい民主主義@zikumaru_T

返信 リツイート 昨日 18:30

Copyrignt(c) 2018 介護士と法律の関係 All Rights Reserved.